大豊精機株式会社 ホームへもどる サイトマップ お問い合わせ


会社案内
事業内容
設備事業
金型事業
部品事業

採用情報
お問い合わせ
グループリンク
ホームへもどる

試作・型事業

 
  主な製品
 
プレス金型
自動順送用金型
タンデムプレス金型
トランスファー金型
ハイドロフォーミング金型
鍛造型
焼結型

モノづくりにおける時代のニーズを形にするプレス金型。 設計から完成までの一貫生産体制を整え、リードタイムの短縮化や高精度で効率の良い加工を実現しています。
また、長年のノウハウを活かし、部品図面の改善提案や製造工程計画に関するお客様への提案など、 試作から量産型へデータ一元化として付加価値の向上をテーマに業務を展開しています。


試作金型

ZAS金型

その仕上がり次第で量産部品づくりを大きく左右する試作金型。 低コスト・短納期はもちろん、品質・精度においてもハイレベルが求められます。
お客様のさまざまなご要望におこたえするため、量産を考えての仕様検討を図り、優れた品質を生み出す型づくりを行っています。


試作部品
サスペンション部品など

試作金型で培った技術力をもとに、試作部品の製造を行います。 試作とはいえ、あくまで目線はエンドユーザーの元へ届く量産部品。 ハイドロ成形技術など大豊精機独自の製造技術により、商品化実現のための高精度かつ緻密なつくり込みを行い、お客様の期待にこたえていきます。

  目指すは開発から解析評価まで含めたトータルエンジニアリング
 
モノづくりをデータ正・CAD正で正しくつくる為に計画解析は必須です。 すべてのプロセスで3次元測定を取り入れて、精度のPDCAを回すことをモノづくりの基本として取り組んでいます。


  デジタル専門部署
 
また、試作・型事業では、デジタルエンジニアリング化の推進。
試作・型製造本部では本社工場内に専用ルームを設け、「CAE・モデリンググループ」を設置。
設計分野でのデジタル化、3Dのソリッド設計からCAE・FEM解析を実施します。
3Dソリッド設計により、データが一元化され無人加工化が進み、品質向上およびリードタイム短縮などのメリットがあります。 さらに、プレス型設計の前にコンピュータによる成形性解析を取り入れ、成形性不良によるやり直しを未然に防ぐデジタルエンジニアリングの一つとして大きな効果を挙げています。